読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアルタイム移住日誌

神奈川県から長野県の安曇野へ移住した、“ちょっと理屈っぽい筆者”のリアルタイムな移住記録。

お金をかけずに冬対策

ライフスタイル 節約

すでに朝晩がかなり冷え込む。布団から出るのがだんだんと億劫になってきた。朝の気温は室内でも一桁台。

白馬の山の頂上が雪で白くなっているのが見える。

なんでも安曇野の冬はしみるらしい。

「しみる(凍みる)」とは、「寒い」の上をゆくレベルとのこと。地元の人はよくこの言葉をつかう。神奈川育ちの筆者には未体験ゾーンの寒さである*1

冬になる前にしみる寒さに備えることにした。

できることなら、お財布にも環境にも優しい寒さ対策ができるといい。

準備したアイテムを並べてみた。

f:id:ijyuu:20151012221612j:plain

左から、石油ストーブ、ゆたんぽ、ハクキンカイロベンジン、断熱シート

 

断熱シート(¥500~¥1,000)は、窓ガラスに貼って外からの冷気を遮断するためのもの。見た目はまさに梱包につかうプチプチそのもの。かっこいいとはいえないけれど、しみるのだから見た目がどうこう言っている場合ではない。

ハクキンカイロ(¥3,000)は、使い捨てカイロよりも温かく長時間(24時間!)温かさが持続するスグレモノ。ハクキンカイロベンジン(500ml¥700)の化学変化によって発熱。直接ベンジンに火をつけて燃やしているわけではないので安全。ゴミも出なくてエコ。

ゆたんぽ(¥600)は、寝る前に布団に入れておくだけでだいぶ温かい。電気も使わず経済的。古人の知恵なり。

いずれもホームセンターで購入した。

石油ストーブ(¥0)は、知り合いの農家の方からいただいた。薪ストーブを買ってからは倉庫の中で眠っていたという。上にやかんを置けば部屋の乾燥対策にもなって一石二鳥。

これで冬支度は万全! だといいけれど……。

 

 

 

 

 

*1:というのは半分ウソで、今年の2月に安曇野に10日間滞在した(詳しくは過去の記事)。しかしながら実際に生活するとなるとまた違う大変さがあるんだろうなぁ……ijyuu.hatenablog.com