読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアルタイム移住日誌

神奈川県から長野県の安曇野へ移住した、“ちょっと理屈っぽい筆者”のリアルタイムな移住記録。

想像以上にキノコ県

大家さんと道端でたまたま会ったら、

「いま、裏の山で採ってきたからあげる」とキノコをいただいた。

「このキノコは何ですか?」

松茸だよ

ひぇ〜〜~

 

噂には聞いていたが、大家さんはこの辺りでは名の知れたキノコ狩り名人

しかしながら近くの山で松茸が採れるとは驚きである。さすがキノコ県。

松茸の他にも、ウラベニホテイシメジクリフウセンタケアカヤマドリタケをいただいた。

f:id:ijyuu:20150913102818j:plain

 手に持っているのが松茸。細長いウラベニホテイシメジと小ぶりなクリフウセンタケ

 

名人に美味しい食べ方をおそわって、さっそくいただいた。松茸はお吸い物に入れた。

パートナーは松茸を食べるのは初めて。松茸は世界でも有数の高級食材としてオーストリアでも知られているそうだ。

感想を訊くと「香りがいいね」と言いつつそれほど感激していない様子。

 

色が毒々しいアカヤマドリタケは、バターとしょうゆで炒めた。

見た目はちょっと微妙だが、果たしてその味は……。

f:id:ijyuu:20150913102901j:plain

手のひらほどの大きさ

f:id:ijyuu:20150913103517j:plain

アカヤマドリタケのバターしょうゆ炒め

 

おそるおそる口に運ぶと、「美味しい!」

香りは熟成させたチーズのようで、味はフォワグラを思わせる濃厚さ。キノコとは思えないリッチな風味。食感も素晴らしい。

これにはパートナーも大喜び。松茸よりもこちらの方が美味しいとのこと。

インターネットで調べてみると、なんとポルチーニの仲間

 

近所で松茸とポルチーニが採れるとは、なんて贅沢なことだろう。

親切な大家さんのおかげで秋の味覚を堪能することができた。

ご馳走さまでした。