読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアルタイム移住日誌

神奈川県から長野県の安曇野へ移住した、“ちょっと理屈っぽい筆者”のリアルタイムな移住記録。

最高の映画館

映画

東京にある飯田橋ギンレイホールという映画館をご存知だろうか。

休日には、映画館の前に長蛇の列ができる。

この映画館の存在を知らない人が通りかかると、この行列は??と口をあんぐりさせている。

筆者もこの映画館の熱烈なファンである。ちなみに筆者、三度の飯より映画が好き。

ロベール・ブレッソンからシベ超まで、映画と名のつくものであればなんでも観る。

 

ギンレイホールの人気の秘訣は、その画期的なシステムと魅力的なラインナップ。

ギンレイ・シネマクラブに入会(入会金10,800円)すると、シネパスポート(磁気テープ付カード)が発行され、1年間何度でも上映作品を見ることができる。

2本立て上映で、2週間に1度プログラムが変わり、1年間すべての作品を見ると50作品以上になる。

上映作品も素晴らしい。邦画から洋画までジャンルも幅広い。

まさに映画好きにはたまらない映画館なのだ。

もちろん一般チケットもあり、1,500円で2本観賞できる。

ちなみに、現在上映されている作品は、

「ジゴロ・イン・ニューヨーク」(2013年製作アメリカ映画)と

アデル、ブルーは熱い色」(2013年製作フランス映画)

後者を観賞したが、俳優の演技が素晴らしく3時間という上映時間を感じさせない傑作だった。

飯田橋ギンレイホール

 

映画の一般料金は、1,800円。高いので頻繁に行けるものではない。

筆者が数年前に入手した情報では、各国の映画料金は下記の通り。

※一般料金だけでなく、前売り券やサービスデーなどを含めた平均。

日本   1,252円

フランス   630円

アメリカ   600円

韓国     560円

他の国と比較しても日本がダントツで高い。

 

ギンレイホールのような魅力的な映画館があるのは、東京の良いところの一つであるが、問題は、東京にいると時間が無いこととお金がかかること。

もっと地方にもギンレイホールのような魅力的な映画館が増えたらいいと思う。

魅力的な場ができれば、もっと人も集まるのではないか。

あるいは、人が集まっているからこそ魅力的な場ができるのか。

映画に限らず、演劇、コンサート、美術など地方にいても享受できるといい。

今後、自分たちで盛り上げていくのも面白そうだ。

f:id:ijyuu:20150123154628j:plain