読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアルタイム移住日誌

神奈川県から長野県の安曇野へ移住した、“ちょっと理屈っぽい筆者”のリアルタイムな移住記録。

コーヒーを三倍楽しむ方法

ライフスタイル

資格の勉強やらでブログの更新が滞っていますが健在であります。

時間のある時は家でコーヒーを淹れてまったりとしている。先日は、インターネットでコーヒー生豆をまとめ買い。ブラジル、コロンビア、エクアドルなど全8種類の生豆を仕入れた。飲み比べるのがとても楽しみ。

f:id:ijyuu:20160903110405j:plain

購入先は、ウィンドファームというフェアトレードの有機コーヒーを販売している会社で、以前読んだ本、『スロービジネス』ナマケモノブックス)の著者の一人である中村隆市氏が経営している。コーヒー豆は他でもっと安く買うこともできるけど、本を読んで中村氏の考えに共感したのでここのお店で買うことにした。さっそく、煎って飲んでみたが、ほど良い苦みがありとても美味しい。

有機栽培コーヒー生豆 ブラジル産【サカレマ農園】

収穫年度 2014年度産
品種 アラビカ種 カツアイ、ムンドノーボ
精製方法 ナチュラル
生産地の標高 1100m
産地 ブラジル ミナスジェライス州
生産者団体 FazendaSaquareme

株式会社ウインドファーム

f:id:ijyuu:20160903110426j:plain

自分で生豆を煎ってコーヒーを淹れる最大の魅力は、4段階の美味しさを味わえること。

1.焙煎の香り

2.挽くときの香り

3.淹れるときの香り

4.飲むときの香り

コーヒー1杯を淹れるにしても過程によってそれぞれ香り方が違う。コーヒーの醍醐味は香りで、ただ飲むだけではもったいない気がする。焙煎時のローストの香ばしさ。挽くときの甘くてやわらかい香り。淹れるときの湯気とともに立ち上るアロマ。過程を味わえるのは最大のぜいたくではないかと思う。  自分で焙煎すると、胃がチクチクする感じがしないので、コーヒーが苦手な人にもおすすめです。

f:id:ijyuu:20160903110639j:plain

 

ijyuu.hatenablog.com

ijyuu.hatenablog.com