読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアルタイム移住日誌

神奈川県から長野県の安曇野へ移住した、“ちょっと理屈っぽい筆者”のリアルタイムな移住記録。

3万円×10=月収30万円

『月3万円ビジネス100の実例』(藤村靖之著、晶文社)は、以前このブログで紹介した『月3万円ビジネス』の続編。

タイトルの通り、月3万円ビジネスの100の実例を紹介している。

これらを組み合わせて生活しようという発想。10個の3万円ビジネスを組み合わせれば月収30万円。サラリーマンの給料と変わらない。

但し、とにかく3万円稼げれば良いというわけではない。前提は、

  • いいことしか仕事にしない
  • 奪い合わないで分かち合う
  • 支出を減らす
  • ノーリスク
  • 2日しかかけない
  • みんなで生み出す
  • インターネットでは売らない

 

テーマごと実例がまとめられていて、

「アップサイクル」、「自給自足をサポートする」、「コミュニティーカフェ」、「余り物を活かす」など。アップサイクルのカテゴリーでは6個の実例を紹介している。

アップサイクルとは、イギリスやスイスで生まれた言葉。廃品の再利用を意味するリサイクルと違って、廃品を利用して新しい価値を創造することを言う。

アップサイクルの代表例は、スイスのFreitag社製バッグ。トラックの幌の廃品と車のシートベルトの廃品で作られている。廃品で作ったとは思えないオシャレなメッセンジャーバッグ

他にも、魚市場で廃棄された木箱を使ってプランターを作ったり、建築廃材と廃車のシートベルトでハンモックを作ったり、ユニークな実例が満載。

3万円ビジネスを始めるにあたって必要なのは、

  • 助け合える仲間
  • 遊び心とセンス
  • DIYなどの技術

“いいことだけを仕事にする”3万円ビジネスの輪が広がっていくといい。

 

Freitag(フライターグ)

http://www.freitag.ch/

 

月3万円ビジネス 100の実例

月3万円ビジネス 100の実例

 

ijyuu.hatenablog.com