読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアルタイム移住日誌

神奈川県から長野県の安曇野へ移住した、“ちょっと理屈っぽい筆者”のリアルタイムな移住記録。

二本立て映画のテーマについて考える

飯田橋ギンレイホールで、『悪童日記*1と『ショート・ターム』*2の2作品が上映中。

二本立て上映の場合、作品に関連性があることが多く、共通したテーマについて考えてみると面白い。今回のテーマは“(普通の生活を送れない)子供たち”。

 

悪童日記は、第二次世界大戦中、“魔女”と呼ばれる祖母の元へ疎開した双子の日々を描いている。

「貧しい生活にもめげずに、健気に生きる子供の成長」といった生易しい話ではない。

描かれているのはどこまでも非情な世界。あまりに悲惨で気が滅入る*3

『ショート・ターム』は、家庭や心に問題を抱えた子供を預かる短期保護施設の物語。

テーマこそシリアスだが、爽やかな余韻を残す人間ドラマ。

いずれの作品も「子供がいかに家族や社会から影響を受けて育つか」を考えさせる。

悪童日記』→『ショート・ターム』の順番に観ることをお薦めする。

 


『悪童日記』予告編 - YouTube

 


『ショート・ターム』予告編 - YouTube

 

*1:2013年 ドイツ・ハンガリー合作映画

*2:2013年 アメリカ映画

*3:敢えてデートにこの作品を選んで恋愛の試金石にするも良し